岩崎順子 公式ブログ

和歌山のおばあちゃんが亡くなった

Date: 2017.03.29

和歌山で以前暮らしていた彼氏のおばあちゃん…

2017年3月28日に93歳でこの世を去りました…

おじいちゃんが2年ほど前に亡くなり、

おばあちゃんは施設に入って和歌山のお家には誰も居なくなりました…

みかんの木や梅の木も沢山ありましたが…

主人の居なくなった木たちも、徐々に生気を失いつつある。

レイキカフェで皆さんに買って頂いた無農薬の八朔や甘夏、ハブ茶など、全ておじいちゃんとおばあちゃんが育んできたもの…IMG_1552

 

おじいちゃんとおばあちゃんの歴史の証である…

和歌山のお家も主人が居なくなり朽ち果てていくばかり…

 

彼はおじいちゃんとおばあちゃんの育んで来た歴史を守りたいと

和歌山のお家の維持と、畑の維持を

休日を利用して頑張って大阪から通い、雑草を刈ったり、家を修理したり、新しい苗を植えたりと奮闘している。

 

どうせやるなら自然農で作物を作りたい。

という想いがあるので、虫がついたり枯れたり草ぼうぼうでも

除草剤を使わず、農薬も使わずひたすら耐える…😖

次回来た時には何者かに食べられてたり、荒らされてたり…

 

貯金もさほど無いのにわずかな貯金を切り崩し…

交通費や苗木や家の修理を繰り返し行い続けている😧😨😰

 

そんな彼を見て私は最初の頃…

そんなん育てへんって…

大阪にも家があるのに、和歌山のお家も維持なんて無茶や…

行く度に草ぼうぼうやん、こんなんで畑なんて出来へんわ…

 

この様にネガティヴな考えしか浮かびませんでした。

 

しかし…

小さな苗木が3年後…

いくつかの実を付け出しました🍊🌰🍑

桃、栗、みかん、イチジク…IMG_2029IMG_2026

そして、夏にはキュウリやトマト、茄子なども収穫できるように…

 

おじいちゃん、おばあちゃんが居なくなって約3年間の間にIMG_2043

諦めないで続けてきた結果、小さな苗木も少しづつ育ち

世代交代が始まり出したのです♪

桃栗3年柿8年柚子は大馬鹿20年…と言いますが…

皆さんに買って頂いた八朔は…

30年以上の歴史の中で少しづつ成長して

やがて沢山の実を付けて来たのです。

 

人間の成長や進化と同じだなぁーとつくづく感じました。

 

戦争を経験し、

自然の力を借りて共存し生きる知恵を使って生き抜いて来た

おじいちゃん、おばあちゃん…

 

もっとおじいちゃんやおばあちゃんから学ぶべき事があったと思う。

 

まだおじいちゃん、おばあちゃんが元気で居られる方は

色々とおじいちゃん、おばあちゃんから教えてもらってください☝️

生きる知恵を・歴史を・人生感を…

 

皆さんに買って頂いた八朔の売り上げ…

お気持ちで良いですよ〜と言ってたにもかかわらず…

なんと¥7086もありました‼️😱😱😱

みんなに美味しかったー🍊‼️と言って頂けて

もう少し私も和歌山のお手伝いがんばろーと思いました😅

本当にありがとうございます😆💕💕

嬉しかったです♪

 

このお金で、これからも和歌山に新しい苗を植え、種を植え、

新たな生命を少しづつ育てていきたいと思います🍀🍀🍀

 

5月のスケジュールはこちらです💁