岩崎順子 公式ブログ

してもらうよりも してあげる方が元氣になる

Date: 2016.08.04

してもらうよりもimage
してあげる方が元氣になる

歳を老いていくと
人のお世話になっていくことが増えていきます

認知症になったり
病気したり…

私の祖母は飲食店を経営していましたが
お金をコツコツ貯めて
年金をもらえる歳には仕事を辞めました

特別趣味など持つことも無く
毎日のようにテレビの前に居てました

やがて
認知症になりました。

祖母は病院に入院した途端、認知症が酷くなり
やがて私のことも分からなくなりました

人間とは「生きがい」を無くすと
脳が活性化せず
加速的に衰えが進んでいくのだと実感しました

先日
ごちゃまぜの福祉施設を作った方のこと
テレビで放送していました

高齢者や障害者などがごちゃまぜで暮らす施設です。

福祉関係者が全てのお世話をするのでは無く
認知症を患う高齢者の方々が
障害者の方々の介助をお手伝いしていくことで

なんと…

高齢者の方々は生きがいを見つけ
私がいないとあの子はダメなんです!

とお世話を積極的に行うようになり
認知症の症状が治っていき

また障害者の人も
首が全く動かなかったのが…

ゼリーをあげる時に
おばあさんの手が震え
ゼリーをこぼしてしまっていたのが気になったのでしょうか…

自分から首を動かして
口をスプーンまで持っていくようになったそうです

そのうち
おばあさんの手の震えもなくなったようです。

障害者の方も
認知症のお年寄りの方も

何が起こったかというと

お世話をされる側から
お世話をすることで「人に喜んでもらう」

といった一連の流れが

「生命力を高めていった」のだと思います

現代の若者のうつ病などの多くは

与えられ、してもらい過ぎて

生きがいや
やりがいを見出だせずにいた結果

うつ病などに なってしまった人が数多くいます

また逆に

自分を犠牲にして
会社や家族の為に生きてきた人の多くも

それらが必要とされなくなった結果
認知症が発症し出すことが多いのです

自己犠牲でなく

人に何かを与えることが
与える側の喜びとなり、生命力を高めていく

この流れが好循環すると
社会の在り方そのものが変わります

私も子供達と接するときは
与えることよりも
子供達に与える喜びを知ってもらうように
色々とお願いします

ありがとう〜♪
めっちゃ嬉しい〜!

など言っていると
子供達はイキイキしてきます

また私が仕事やライフスタイルとして行っている
日本古来の伝統療法のレイキがまさにその教えなのです

自分が受け取ったエネルギーを
他者にそのまま流すだけなので
自己犠牲といったことが起こりません

もしろ自らが受け取ったエネルギーを送ることで
自分と他者の生命力が高まり癒しが起こります

そうすると…

双方が氣に満たされ
氣疲れが解消し
元氣な状態になっていきます

自然と笑顔が増え喜びに満ちていくのです

できるだけ
好きなことや
夢中になれることで
人に与えることが出来れば

生命力を高め
幸福を実感する生き方が出来ると私は確信しております

好きで無くてもいいのです

得意とすること
苦にならずに出来ること

料理
掃除
雑学
音楽
事務作業
パソコン
スポーツなどなど…

誰でも何らかしら
人に与えて喜んでもらうことが1つだけでもあるはず

あなたも誰かにしてもらうより
してあげる喜びの体験を積み重ねることで

生命力が上がり
心身健康と幸福を実感して生きることが出来るのです♪

 

 

追伸

好評のレイキカフェですが

9月より中心メンバーが入れ替わります😊

さらに皆様に喜んでもらうよう

盛り上げていきたいと思っております(^ ^)

土曜日のレイキカフェも大賑わいです♪

気軽にレイキ体験してくださいね〜😊✨✨✨

 

早くも9月の予約がいっぱいになって来ております

スケジュールの確認はこちらをクリック